【PUBGモバイル】激戦区ミリタリーベースでの4つの攻略方法

  • LINEで送る
【PUBGモバイル】大人気激戦区ミリタリーベースの攻略法

アジアサーバーでのポチンキと同程度に大人気激戦区である「ミリタリーベース」通称「ミリべ」。強豪プレイヤーが多数降りてくるミリべですが、降りる場所によっては武器ガチャ失敗してすぐキルされてしまうことも。

今回はそんな激戦区ミリタリーベースを勝ち抜き、生き残るコツをまとめた攻略記事を書きました。ご紹介する4つの場所での立ち回り方を実践すれば、勝ち残る可能性が格段に上がるでしょう。ぜひ参考にしてください。



激戦区【ミリタリーベース】の場所と構成

ミリタリーベースは大人気マップ「エランゲル」南側の大きな島の大部分を占める基地です。航路によってはポチンキとほぼ同等の人気度があり、同じように好戦的なプレイヤーが非常に多くパラシュート降下してくるため、なかなか勝ち残ることが難しい場所の一つです。

南側には壊れた飛行機群、西側には広野が広がり、東側には複数の格納庫があるという構成です。そして今回フォーカスを当ててご紹介する人気スポット、最激戦区「北側」という構成となっています。

激戦区と立ち回り方を各スポット毎に紹介

北側の構成は様々な物資が置いてある建物群がそれぞれの区画にあります。北側の中でも激戦区になる建物と、それぞれの立ち回り方・警戒するべき箇所を解説していきます。

コの字型屋上付き建物

最も激戦区となる可能性が高いのがこの場所です。3棟が「コの字型」に並んでいる建物ですが、屋上にも物資があるため着地早々武器ガチャが始まります。両階段付近、センター部分に物資があるので、もし降下時に目視できず、敵が周辺に降下してきた場合は即座に地上へ飛び降りましょう。一階窓から建物内に侵入し、物資を確保してください。敵の足音と銃声は必ず聞いておくように。

武器ガチャ成功した場合、同建物以外の屋上にも気をつけましょう。距離が近いので狙い撃ちされてダウンすることが非常によくあります。取り急ぎ階段と屋上の間で索敵し、敵を発見したら銃撃を与える戦法が効果的です。また、他の区画から打たれる可能性があり、特に鉄塔との距離が近いため背中から銃撃を受けないよう注意しましょう。具体的な方法としては屋上降下し接敵後すぐ建物内に入り周辺警戒しましょう。警戒すべきポイントは①残り二箇所の建物、②鉄塔、③東隣の前哨基地の3箇所です。鉄塔からの敵は大体高所から狙撃してくる確率が高く、建物内にいても窓枠に注意を。東隣の前哨基地からは距離が近い南側コの字建物へと侵入してくるのでこちらにも警戒しましょう。



南東側大工場区画

前述の「コの字型建物群」の南東に位置する大工場区画にはかなりの確率で銃が配置されています。そのためこちらにも飛び降りてくる敵もおり、初期パラシュート降下時には注意してください。障害物が多いためショットガンなども有効です。

また、初期制圧後はコの字側から侵入してくる可能性が高いので索敵は常に高レベルで行いましょう。さらに南に位置する三階建のレーダー基地へ転戦することも効果的ですし、レーダー基地の脇によくバギーなど車が配置されているので撤退も可能です。

西側基地群

鉄塔の南方面でもある西側区画は、前哨基地と真ん中に精密機械がある建物があり、それぞれで物資回収が可能です。最近アジアではここに降りて物資調達後にコの字へ侵入するケースが多く、人気がでてきた感があります。

ここでの立ち回りは、まずは前哨基地内部で物資を確保し、制圧後は精密機械基地へと転戦するか、鉄塔確保に向けて警戒しながら移動するという手段もあります。鉄塔と西側基地群を確保できれば、あと警戒すべきはコの字と大工場くらい。まずは鉄塔から確保することを心がけましょう。高所はどんな場所でも有利に働くことが多いです。

鉄塔

配信者や実況者の方の動画で拝見したのですが、直接一番上の区画に飛び降りることができるようです。この前やってみましたが可能でした。即物資を確保できるので意外にオススメです。

また、鉄塔の特徴として頂上部よりも階段部分に物資が多いので、地上から頂上へ移動し、反対側から降りるという一連の流れで行動した場合、二人分以上の物資が確保できるのでオススメです。他の敵に注意しながら索敵と警戒を怠らないようにしましょう。



激戦区ミリべ攻略方法まとめ

4つの激戦スポットについて解説してきました。皆さんはどこに降り立つのが多いですか?ぜひ勝ち残る独自のポイントなどお持ちの方は共有して欲しいです。Youtubeの方でも検証してみます。

次回ミリタリーベースに降り立つ動画を配信する予定ですので、よかったらチャンネル登録していただけると励みになります。

【やまいも大佐のパブジーカフェ】チャンネル



SNSでもご購読できます。

検索

コメント

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。