【銀座ぼくじん】炭火和食と最高日本酒は接待からご褒美ディナーまで

  • LINEで送る
銀座ぼくじんは最高に美味しい日本酒と炭火和食の店

こんな時だからこそ、銀座で美味しいご飯が食べたい。そんな方にぜひおすすめしたいのが【銀座 仁木(ぼくじん )】です!

こちらのお店に来るお客さんは良い事があった仕事のご褒美や、大事な接待に使われる事が多いのだそうです。理由は簡単で「美味しくて非常に喜ばれるから」。今回は銀座ぼくじんの魅力と頼むべきおすすめ料理を5つ厳選して紹介します!(本当はもっと紹介したい)銀座通になろう!そしてぼくじんでご褒美ディナーを!



銀座ぼくじんとは

銀座駅から徒歩1分という好立地に位置する「炭火和食と美味しい日本酒」がメインで楽しめるお店です。銀座レンガ通り沿いにあるのですが、パッとはわかりません。実は5階に位置しており、表の看板が目印です。一階には靴屋さんがあるのを目標に行くと良いです。

銀座仁木の魅力

銀座には本当に様々な魅力あるお店がたくさんあります。中には会員制などの初心者には到底入りづらいお店もちらほら。今回紹介するのは、銀座でもハイクラスがこっそり利用しつつも、心地良いサービスで出迎えてくれる最高のお店。その魅力をそれぞれご紹介します!

高いだけというイメージを完全払拭できる最高の料理コースクオリティ

ぼくじんの魅力を堪能できるのは、コース料理をご注文するのが最も理想的です。まずは先付けから始まるのですが、もちろん自家製のお料理。僕の時は「トマトのジュレがけ」から始まりました。そこからサラダへと続き、鮮魚の豪華盛り合わせが!そしてメイン、シメ、デザートと続きます。そのうちの鮮魚の盛り合わせだけお裾分けを。

銀座ぼくじんの御頭付き鮮魚の盛り合わせ

御頭付き鮮魚の盛り合わせ。この時点でワクワクが止まらない。

サービスレベルが非常に高い

接待や会食で使用頻度が高い理由の一つと言えますが、本当に接客レベルが高いのです。スタッフの方はどれだけ忙しくても爽やかな笑顔でオーダーを聞いてくれるし、質問にもほとんど全てに答えてくれます。おすすめの料理も次の料理も、ひいては今飲むべきお酒(所謂フードペアリング)をチョイスしてくれます。

気持ちの良い接客と料理のクオリティがマッチしているので超優良店舗であることは間違いありません。

オーナーシェフ木村さん

そんなお店を切り盛りしているオーナーシェフ、木村さんについてご紹介します。

木村さんは有名割烹「吉兆」で10年以上修行され、様々な技法を習得された青森県出身の板長です。独立されてからお店をオープンされました。今ではその技法や人柄、落ち着いた雰囲気と最高の料理が渾然一体となって、幅広い層から支持を得ています。実際にカウンター越しにお話しする機会も多いのですが、非常に落ち着きがありながら気さくなイケメンで、男ながら惚れ惚れする男前です。



10回以上通った僕がおすすめするメニュー

ぜひこれを読んだ人に味わっていただきたい!最初はコースがオススメですが、アラカルトでも頼むべきメニューを厳選して5つご紹介していきます。

最高の日本酒各種

まずは日本酒から。日本酒は別メニューが存在するほど数多く取り揃えていらっしゃいます。その中でもプレミア日本ん主としての地位を獲得した「十四代」が数種類常備しているというのが驚き。特に、東京では3店舗ほどしか仕入れることができない「厳選店」に選ばれており、非常に珍しい十四代が飲めるチャンスです!

そのほかにもオーナー出身地に因んだ銘酒「田酒」や、プレミア日本酒「爾今」「飛露喜」などを取り揃えています。ごくが最も感銘を受けたのが、ちょうど期間限定で仕入れていた日本酒を何個か飲んでいるうちに出会った三重県のお酒「田光(たびか)」です。日本酒独特のとろみが特徴のお酒で、1発でハマりました。それ以降このお酒を見つけたら問答無用で頼むくらい感動したお酒に出会えたことも、ぼくじんがあればこそです。

鮮魚の盛り合わせ

そしてこちらは先ほどご紹介したとおり、非常に美味しい状態で提供してくれます。一枚の細長いお皿に盛られた魚たちが見事に整列しており、それぞれその日の仕入れで魚が変わります。これは絶対頼むべき一品なのは間違い無いです。銀座で美味しい魚を食べたいと言ったらぼくじんと言えるくらいオススメです。

最高級肉炭火焼き3種盛り

「炭火和食」と呼ばれる代名詞とも言えるメニューです。まず卓上に七輪が登場し、目の前で焼くスタイル。オススメは最高級肉3種盛りです。牛肉の3部位ではなく、なんと牛、豚、鳥のそれぞれの最高級が味わえるのです。

・青森県産 鶏もも肉(シャモロック)

・青森県産 豚ヒレ肉(まぼろし豚)

・青森県産 牛フィレ肉(八甲田短角牛)

※ぼくじんHPより抜粋

マグロのホホ肉(炭火焼)

これは隠れメニューとも呼べる代物かもしれません。とにかく食べてみてください。魚とお肉のいいとこ取りのような、非常にハマる美味さがある部位です。これを上記の七輪で焼いていくのですが、なんとも言えない美味さがあります。もちろん網は交換してくれるので、肉の味が移るなんてことはありません。頼むべき一品ですね。

日本一の卵かけごはん

こちらはもはやメニューの通り「最高の卵かけご飯」です。日本一の卵を使用していて、プルンプルンの卵。それを贅沢にご飯に入れてかけ込むのです。まずいわけがありません。



まとめ:会食・接待・ご褒美ディナーは絶対おすすめ【銀座ぼくじん】

いかがでしたか?銀座ぼくじんの魅力をご紹介したのですが、実際に行って初めて感じる素晴らしさがありますので、ぜひ一度足を運んでみてください。コロナ対策もしっかり取られているようなので、オススメは予約してからの方がいいと思います。

実は東銀座に2号店がオープンしたそうです。こっちも近々レポートしてみます!

 

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

検索

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。